安全面も考慮したオフィスレイアウト

会社の事務所であるオフィスではスタッフを中心に業務を行う場所です。

このようなオフィスは業務を早く確実に効率的に行うことが求められます。これはオフィスレイアウトによっても変わってくるため、レイアウトの見直しも大切なのです。

しかし一般的にはあまり見直されることはありません。

一度決まってしまうとほとんど変わらないのが一般的ですが、例えば人事異動や組織変更があった時に見直しを行ってみるといいです。


またオフィスというのは仕事を行うことだけでなく、快適性、安全性にも考慮することが必要なのです。

それは1日のほとんどの時間を過ごすことにもなり、快適でなければ仕事の能率も落ちてしまいます。最も良くない例ではコミュニケーションも取りにくいと仕事をする気持ちを持続できないようなことにもなります。

明るく開放的なオフィスレイアウトで改善することもできるのです。

そして安全性という面も考慮されているかオフィスレイアウト見直しが必要です。
ひとつは地震の対策です。

日本経済新聞情報がリニューアルしました。

オフィスにはキャビネットなどの保管庫も多くあります。


転倒の危険性がないか落下してくるものがないか机の上のパソコンなどの転倒や落下についても配慮が必要です。



火災や停電などの時も通路が確保できるようにオフィスレイアウトを考えることが必要です。



避難通路がわかるようにしておくことやこれら万一の場合を考えて消化器や懐中電灯などもわかりやすい場所に配置することも大切です。